うつと診断された時のアドバイス

ハードな看護の仕事のストレスにいつもさらされ、うつになってしまった女性看護師たち。うつと診断されてから、どうしたらいいのか分からず途方に暮れて、そんな自分にまた落ち込んでしまう方も多いかと思われます。

アドバイスとしては、まず「うつという病気になった」事実をはっきりと受け入れることが大切です。デリケートな女性やプライドが高い女性は、自分が病気になってしまったことを認められず、薬やカウンセリングなどの適切な処置を拒んでしまい、ますます症状が悪化してしまうことも少なくありません。ショックかもしれませんが、病気である事実を最初にきちんと認識すれば、病院に行くことや薬を飲むことにも抵抗がなくなり、結果として前向きに治療に取り組めるようになります。心の健康を早く取り戻すためにも、自分の症状に対しちゃんと向き合う努力をしていきましょう。

また、旦那さんや友人など、信頼できる周囲の方に病気の事実を隠すことなく打ち明け、サポートをお願いするのも重要です。病気であることを周りが知らなければ、行動や思考に不自由があるうつ病患者に対し「なぜこんなことができないんだろう」という目を向けてしまい、余計なストレスを与えて症状を悪化させる恐れがあります。しかし、病気のことを周囲に理解してもらえるなら、それだけで心強い支えになります。通常と比べて判断力や思考力が低下しているため、日常生活のさまざまな場面において周囲の献身的な助けが必要です。サポートがあるからこそ、病気の治りも早くなるのです。勇気を持って周囲に話すことで、治療に向けた大きな一歩を踏み出していきましょう。